多嚢胞性卵巣(PCOS)について徹底研究

不妊治療の病院で読んだ雑誌に「グリスリンが効果的」と書いてあったので徹底的に調べてみました。

ウィズダム社のグリスリンでPCOSが改善されました
ウィズダム社 グリスリン サンメディカ社 グリスリン ウェルネス・アドバンス社 オーブル
ウィズダム社 グリスリン サンメディカ社 グリスリン ウェルネス・アドバンス社 オーブル
米国特許番号 No.7214778 米国特許番号 No.7214778 特許番号の記載なし

私はウィズダム社のグリスリンで多嚢胞性卵巣(PCOS)を改善しました。
なぜウィズダム社のグリスリンを選んだのか?
特許取得のグリスリンが、多嚢胞性卵巣(PCOS)治療に効果があるということ。
その他にもプラスアルファの大きな理由があります。

ウィズダム社のグリスリンには
「マイタケDフラクション(MDフラクション)」
という成分が入っているから。
この成分は免疫力を上げる効果があります。
そのため高い抗がん作用があると報告されています。
主に、乳がん、子宮がん、卵巣がんなど婦人科系のがんに有効であると言われています。
特に、多嚢胞性卵巣(PCOS)や子宮内膜症、不妊治療中の人は卵巣がんになりやすいので、
マイタケDフラクションは卵巣がん予防になるのです。

さらにウィズダム社は
マイタケエキスなど他の含有量表示も細かく全て公開しています。
元々このメーカーがアメリカで特許を取得した本家本元。
なので安心です。

そして価格も最安値!

私は多嚢胞性卵巣(PCOS)改善の為に、推奨量である1日162mgのグリスリン(1日9粒)を飲みました。
なので価格が最も安く、なおかつ本家本元の商品であるウィズダム社のグリスリンを購入。

定期購入を申し込むと妊娠しやすい体つくりのハーブティー
【妊活ルイボスティー】
1ヶ月分を初回無料で貰えます。
これも併用したのが相乗効果として多嚢胞性卵巣(PCOS)改善に役立ったのだと思う
と主治医に言われました。

多嚢胞性卵巣(PCOS)についてお医者さんからお聞きした情報や私が勉強した内容をまとめました。

画像
多嚢胞性卵巣(PCOS)とは
多嚢胞性卵巣とは卵巣の中に卵胞が沢山出来る女性特有の病気で略称「PCOS」
画像
多嚢胞性卵巣(PCOS)と不妊
多嚢胞性卵巣(PCOS)の場合妊娠自体が難しい病気
画像
多嚢胞性卵巣(PCOS)の治療法
クロミフェン療法やゴナドトロピン療法がメジャーな治療方法

多嚢胞性卵巣(PCOS)

多嚢胞性卵巣(PCOS)を副作用の無いグリスリンが解決

画像
今、話題のグリスリン マイタケから抽出された成分(グリスリン)が多嚢胞性卵巣(PCOS)で悩む女性の救世主として注目を浴びています。 すでにいくつかの産婦人科では多嚢胞性卵巣(PCOS)や月経不順に悩む患者さんに投与され効果が多くレポートされています。 このサイトでは多嚢胞性卵巣(PCOS)とグリスリンについて徹底調査。 現在販売されている3ブランドの成分や価格についても比較してみました。

グリスリンに関するデーター、商品情報

画像

グリスリンの効果について

最近、雑誌ジネコでも紹介されたグリスリン 副作用もなく多嚢胞性卵巣(PCOS)だけでなく 生理不順治療にも医者が推奨するグリスリンとは
画像

グリスリンの特許情報

この特許はもともとアメリカの特許。特許情報についてはコチラ
画像

グリスリンの各種商品

グリスリンを現在販売している会社は3社(5商品)あり、どの商品も同じ特許を使用している為、グリスリンの品質に関しては同じ。商品の違いは価格とグリスリン以外の成分の配合内容。成分などのグリスリンの比較表はコチラをご覧下さい。

多嚢胞性卵巣(PCOS)について徹底研究からお知らせ

  • 2010年9月26日:治療薬の新情報をアップしました。
  • 2010年9月21日:読者様の声を追加しました。
  • 2010年8月16日:体験談を集しています
  • 2010年8月12日:新ホームページを開設しました